top of page

外来スポーツリハビリテーション

スポーツでの怪我や痛みにお悩みの方は、ぜひ当院にお気軽にご相談ください。

野球.jpg

外来スポーツリハビリテーションでは

スポーツを原因として怪我をした方や、慢性的な症状に困っている方のリハビリテーションを専門的に行います。

「なんとなく痛みをごまかしながら練習を続けてしまう」というケースは少なくありませんが、痛みは、何らかの異常が起きているサインです。手術が必要になり長期離脱という事態にも陥ります。一旦運動を中止し、当院にご相談ください。

早期に治療とリハビリテーションを開始することで、回復・復帰できる時期も早くなる可能性が高くなります。

対象となるスポーツ競技・性別年齢

全ての競技

性別年齢不問(小学生以上)

主な症状

関節の痛み・腫れ・可動域制限や可動不良

筋肉の痛みやハリ

疲労感

上下肢のしびれや痛み

対象となる疾患・症候名

・野球肩

・腱板損傷

・肩インピンジメント症候群

・野球肘

・SLAP損傷

・肘内側側腹靱帯損傷

・骨折

・肉離れ

・靱帯損傷

・腰椎分離症

・腰痛症

・テニス肘(外側テニス肘、内側テニス肘)

・三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷

・ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

リハビリテーションを受けるには

①医師の診察が必要となります。

当院整形外来を受診してください。

月曜日(午後)、木曜日(午前)           整形外科医 橋本 彰二

土曜日(午前)※受付10:00まで         整形外科医 安部 幸雄

②リハビリテーションが必要と診断された方は初回予約を取っていただきます。

【新設】 木曜日(17:00~19:00)      リハビリテーション医 村田 和弘

※学校や仕事で、従来の外来リハビリテーション時間には通院が困難な方の早期スポーツ復帰のサポートのため、上記時間が追加となりました。

・1回あたりのリハビリの所要時間は40~60分です。上記時間内で予約をお取りします。

・専門の整形外科医、リハビリテーション医の指示のもと、理学療法士、作業療法士がその

 方に適したアプローチや、運動メニューを行います。

※リハビリテーション前に当院の酸素ルームの使用も可能です。

また、難治性の関節痛に対する再生医療も行っています(自費診療)。

bottom of page